ニュース

会見

  • 「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」開催発表(2010.06.22)

    7月23日(金)から8月1日(日)までの10日間、埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザで開催される「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2010」(主催:埼玉県/川口市/SKIPシティ国際映画祭実行委員会他)の記者発表会が6月21日(月)に行われた。 今年は過去最多となる世界85の国と地域から、長編・短編あわせて810本の応募があり、そのうち長編部門(国際コンペティション)が13作品(海外10作品(内1作品審査対象外)、国内3作品)、短編部門(国内コンペティション)が10作品上映される。
  • D-MAP2009「ネムリバ」完成会見(2010.06.21)

    「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の記者発表会に続いて、デジタルシネマ製作支援プログラムで製作された長編映画「ネムリバ」(デジタルSKIPステーション配給)の完成会見が6月21日(月)に行われた。 SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザは、シネコンを運営するユナイテッド・シネマとの協業により若手映像クリエイターの商業映画製作を支援する「D‐MAP」(D‐cinema Making Associate Program)を2008年よりスタート。
  • 「最後の忠臣蔵」完成報告会見(2010.06.17)

    海外メジャーとして洋画をヒットさせてきたワーナー・ブラザースが、日本の風土、文化に沿った映画製作を目指すローカル・プロダクションの本格的第1弾として製作した「最後の忠臣蔵」の完成報告会見が6月17日(水)に行われた。 今までの忠臣蔵作品とは違った角度からとらえた池宮彰一郎の同名小説を基にした本作は、大石内蔵助よりそれぞれの使命を授かり、全く違った人生を歩むことになった二人の男が、16年の時を経て巡り会い、新たな物語を紡ぎ出す。
  • 映像産業振興機構(VIPO)松谷新理事長が会見(2010.06.16)

    映像産業振興機構(VIPO)は、平成22年度通常総会及び理事会を6月16日(水)に開催し、新理事長に就任した松谷孝征氏(一般社団法人日本動画協会名誉理事/(株)手塚プロダクション代表取締役社長)が会見を行った。

« 前の15件 |  1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  |  40  |  41  |  42  |  43  | 44

バックナンバー

ページのトップへ